9/16 復帰50年記念演劇 from URASOE 第1弾 「島口説」

沖縄本土復帰50年企画 4館合同公演
浦添・与那原・西原・南風原にて上演

今  僕たちに失われているもの
それは、僕や君の呼吸のひとつひとつが歴史を作っている自覚と
時代に真正面から向き合うことではないか

だから  島の歌(くどぅち)をみんなに聞かせたい

                      謝名元 慶福

泣いて笑って 笑って泣いて 島人の物語

米軍基地の町、沖縄市にある一軒の民謡酒場。
店で働く二人の女が独特のウチナー大和口で客たちに語りかける。

「私の話を聞かないと本当の沖縄のことはわかりませんよ」

そう前置きして語りだしたのは・・・  沖縄戦のこと。

二人の演ずる山城スミ子のしたたかな半生。
そこに浮かびあがる沖縄の戦後史。

                        写真・久高友昭

令和4年9月~10月は、浦添市復帰記念演劇月間です。

沖縄が本土に復帰して50年。

今日までの道のりは当時の沖縄の人々が思い描いていた理想の姿とは大きく違う。
また若者にとってはその道のりを自分事として捉えることはできなくなっている。
演劇を通して、市井の人々がくぐり抜けてきた本当の沖縄の道のりを辿り、今の沖縄を見つめなおす。
沖縄を取り巻く「本土とのズレ」、「世代間のズレ」、「同世代の中での考え方のズレ」。 
この演劇で50年の歩みを一度立ち止まって考えてみる。
そんな演劇作品を上演いたします。


復帰50年記念演劇 from URASOE 第1弾  『島口説』

沖縄本土復帰50年記念企画 4館合同公演
浦添・与那原・西原・南風原

日  時 2022年9月16日(金)

      開演19:00(開場18:30)

会  場 アイム・ユニバース てだこホール 小ホール

料  金 前売 一般1,000円、高校生以下500円 全席自由
     当日 一般1,300円、高校生以下500円
     ※未就学児の入場はできません。

≪チケット発売 8/5開始≫ 
ACO沖縄 WEBチケット販売 https://r.funity.jp/shimakudochi

■プレイガイド(好評発売中! お早めに!)
アイム・ユニバース てだこホール管理事務室  TEL 098-942-4360
デパートリウボウ(パレットくもじ4F) TEL 098-867-1171
コープあぷれ TEL 098-941-8000 

■お問合せ
アイム・ユニバース てだこホール 
〒901-2103 沖縄県浦添市仲間1-9-3
TEL 098-942-4360  FAX 098-942-4338
MAIL tedakoinfo@tedakohall.jp


出演城間やよい   知花小百合   平良大(歌・三線)
脚本謝名元慶福
脚色・演出藤井ごう
舞台美術デザイン乗峯雅寛
照明プラン鷲崎淳一郎
音響プラン近藤達史
衣装デザイン知念瞳
照明オペレーター根橋生枝
舞台監督猪股孝之
イラスト伊波二郎
宣伝デザイン小田善久
主  催アイム・ユニバース てだこホール  全国公立文化施設協会
企画制作一般社団法人エーシーオー沖縄

文化庁 統括団体によるアートキャラバン事業(コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業)
    「公文協アートキャラバン事業 劇場へ行こう2」参加事業

9/16 復帰50年記念演劇 from URASOE 第1弾 「島口説」”へ2件のコメント

この投稿はコメントできません。